【ママ友がこわい】学校へ行っても集団になりたがる親、ライン依存

「ママ友が恐い」薄々ママ友というと怖いイメージやいじめられるんじゃないかと不安になりませんか?
ママ友が恐ろしいなんてありえない!うれしいじゃん!とママ友ライフを成功させてあるママも沢山いるけど、みんながみんなそうじゃない。

思い出して下さい。
中学生くらいの時も、こうやって女の友情で困りませんでしたか。
部活の友だちとのいざこざ、クラスの仲良しグループ、いじめ、不登校・・・なんだか10代の頃と変わらないような悩みを持つってかなしいような気もします。
でも、ママ友は恐ろしいだけじゃあありません。
ママ友を作らず(作れず)孤立しているほうが至っておそろしいと思います。
クラスでもいる一匹狼。
学生の時は自分のことだから独りぼっちでもぼっちでもなんでもよかったのかもしれません。
だけどママ友ワールドは子どもあっての繋がり。
自分から孤立していくようでは、自分の子供にも後ろめたい思いをさせたり、不安にさせてしまうと思います。
「仲良くする」のバランスがむずかしいから、ママ友がおそろしいとなってしまうのでしょう。
子供が幼稚園ならまだしも学校へ行っても集団になりたがる親、出身の幼稚園や保育園同士で固まったりすると感じが酷くみられてしまう。
小学校はたくさんの幼稚園、保育園から入学してきます。
中には引っ越しなどでみずから目新しい環境へ飛び込んでくる親もいらっしゃる。
そんな時に派閥が出来てしまっていたら・・・もう大人なので、そんな様々な立場の感情を考えられるような行動を取りたいものですよね。

ママ友ライフに絶対的心配を授けるのが「ライン依存」だ。
グループでのチャットなど、他の人には見えないところでつるむ、クラスの連絡網と称し強制的な参加も陰気臭く受けとる場合があります。
参加すらしたくないという気持ちもありますが、もしも参加しなければならなくなった場合は、依存せず、うまいことかわしながら泳いで出向く術も持っていたほうがいいですね。
いずれにしても「流されない」が大事です。
一緒になっておかしなやりとりをしてしまうのはもちろんのこと、不快雰囲気でいるところを目撃してしまった、悪口のラインが来たなどマイナスな出来事があっても、それに流されて不安定な感情になるのではなくあくまで冷静に対応する結果うまく乗り切れると思います。www.vivemedia.co.uk