不眠症改善に水が効く?

夜なかなか寝付けない、夜中に目が覚めて眠れなくなる等、そういう不眠を抱えている人は沢山いるようです。
軽々しいうちならいいですが、だんだん深刻な不眠になると、うつ病を発症してしまうこともあるので、不眠は速く改善した方がいいですね。
不眠グッズやサプリなど色々なものが市販されていますが、極めて簡単な方法は水を呑む、という方法だ。
「え?水?」って思いますよね。
でも意外に水は侮れないものだ。

不眠症は、自律神経の乱れによることが多いのです。
現代はストレス社会だ。
昼も夜もリラックスできないという事もあります。
そうすると交感神経と副交感神経のバランスが乱れて、心身ともに元気でなくなってしまう事がよくあるのです。
自律神経失調症になってしまうということです。
そういった時、水をとことん飲んで、水分代謝を正常にすると、自律神経の乱れが改善するので、望ましい眠りにも通じるのです。

では、水を一年中どれくらい飲めばよいのでしょうか。
1,500ミリリットルが良いとされています。
案外飲めないと想う方もいるかもしれませんが、無論、いっきにその量を呑むわけではありません。
毎日かけて何度もほんのりづつ、飲み込むようにします。
ちょっとづつ呑むほうが体にもいいのです。
一度に大量の水を飲むと寧ろ体に害があります。

カフェインが入った飲み物やアルコール飲料は、利尿作用があるので、それらで水分を補給するという考えはよくありません。
飲んでもすぐに体から排出向かうので、脱水症状になってしまうかもしれないからだ。
ジュース類も糖分が多いので、消化する際に水分が必要になりますから、水分補給とはならないのです。
ですので、ただの水が一番良いのです。

また、白湯(湯冷ましのお湯)は、副交感神経を決めるので、リラックス効果があります。
ですから、夜寝る前に白湯を飲むと寝付きがよくなります。
こちらもじりじり少しづつ呑みましょう。
湯冷ましなので、熱くて飲めないという温度ではありません。
少しだけ熱い、くらいの感じです。

そして、炭酸水も体にはいいものです。
コーラとかサイダーのようなものではなく、糖分が至って入っていないただの炭酸水が良いのです。
炭酸水に含まれる二酸化炭素が体内に入ると、血流が良くなりますので、筋肉の緊張を鎮める効果や、疲れを緩和する効果もあります。
寝る前に呑むのも良いかもしれませんね。http://www.versa-bureauvrijwilligerswerk.nl/