定期テストで国語の学力をアップしたい!おすすめ勉強法�B

断然中学2年ときのテストにてこういうケースが発生する事があります。
では、こういう文法の出題数が多かった場合には、どうすれば良いのでしょうか。

ご安心ください。その場合の対策方法もあります。以下の2つに取り組んでいきましょう。

・学校ワークの文法があるページ
・先生が配布した。問題つきの文法のプリント

こういう2つを、社会の時ものの方法で暗記してしまいましょう。
文法は、ワークから単に出題罹る事が多いです。ですので、暗記さえしていれば、定期テストの文法については、クリア出来てしまいます。

これで万が一、文法が多く出題されてしまった場合でも大丈夫ですね。

定期テストでは、学校ワークはとても役に立ちます。配布されても活用していなかった方は、この機会に付け足しましょう。

●まとめ●
以上が、定期テストの成績アップが見込める勉強方法だ。
国語という科目は、総合科目であると掴まえる事ができます。

数学や英語を思い出して下さい。
文章題が多い事がお解りかと思います。これらに必要な力は、【読解力・思考力】だ。

そして、これ以外の科目についても、読解力や思考力というのは、その力が自分に身につけば身につくほど、理解度を向上して出向く事ができます。

そういった観点から考えると、国語は総合科目として、全ての科目に必要な力となっておる事がお解りくださるかと思います。

言い換えれば、国語の力(実力)をアップする事ができれば、他科目の伸び済ませろも上がると言えるという事です。
ですので、中学校の学習を総合的に見直していくのであれば、国語のレベルアップは、定期テストとは別にして、真剣に取り組んで出向く事が甚だ重要となっていきます。

【国語を制すれば、受験も束ねる事がとれる】

そんなふうに言っても過言ではないほど、国語という科目は大事な要素が詰まっています。

あなたが求めているものが、定期テストの成績アップだけでなく、高校受験も見据え、本当の意味で国語の学力を上げたいと考えているならば、『国語の実力がアップする勉強法』の記事をご覧下さい。
受験だけでなく、おとなの方にもこちらの記事はおススメです。読解力や思考力を高めて出向く事は対人関係でも仕事の効率にも必要不可欠な要素。
参考になるかと思います。引用