春の知床スノーシュートレッキング

北海道新幹線も開通し、ぐんぐん北海道を身近に覚えるようになりました。
ゴールデンウィークはそんな北海道に旅行に行かれてみてはいかがでしょうか。

知床は北海道の中でも雪解けが心から鈍い場所だ。
今ではユネスコの世界自然遺産にも登録され一躍有名になった場所ですが、ゴールデンウィーク限定の特別なツアーで楽しむことができます。

知床も雪解けが始まっていらっしゃる地帯から離れて、グングン上の羅臼湖にかけての雪山散策は、山好きや雪景色が好きな方にはたまりません。
標高600m〜700mの亜高山帯をスノーシューで散策するツアーがあります。
真っ白い雪原をスノーシューを使えば、ふわふわパウダースノーを気持ちよく歩けるのが魅力です。

スノーシューは、日本でいうところの「かんじき」という物で、初めての人でも簡単に、しかも、子供からお年寄りまで、気軽に雪あそびが味わえる道具だ。
スノーシューにおいて森をあるくことをスノーシューイングと言いますが、スノーシューイングは現在、人気上昇中のウインタースポーツでもあります。

雪融けとともにはじまる知床の春ですが、知床横断道路が開通したら、羅臼湖シーズンも開始だ。

羅臼湖登山道入り口から羅臼湖までは片道約3kmほど、往復6kmの散策になります。
登山道入口付近からのアプローチは、緩斜面中心のたいしてなだらかな高山帯の雪原で、残雪期はハイマツが雪に覆われているため夏とは違った地形からの光景が味わえるのが魅力です。
そして、知床峠付近の雪壁も見ごたえがあります

羅臼湖スノーシュートレッキングに参加するにあったっての注意事項は、プログラム行動時間が長いため、各自で行動食(昼めしになるおにぎりやパンなど)を用意する必要があります。

また、服装はバックカントリーに対応するウエア上下やスノーブーツが基本となります。
アウターシェルはゴアテックス素材など防水・透湿性があるものが不可欠で、汗ばむほどの陽気もあれば、ガスが発生し氷点下近くなることもあるため、寒暖の変化に対応できるよう、重ね着もらえる衣類の準備が必要です。

なお、この季節の知床は悪天候・不透明で危険が予測される場合もあり、途中引き返しもしくは中止判断をすることもあります。
安全確保につき、どうしてもガイドの指示によって行動しましょう。www.redliononthesquare.co.uk