返事の鈍い婚活相手へのLINE対応

同級生、おんなじ職場の人、友達などと異なり、婚活相手となると、将来の結婚を意識した大切な相手だ。
一部対応を間違えるとそこで終わり、「もうあなたとの結婚は考えられない」と断然終わってしまう。
結婚を意識する大切な婚活相手だからこそ、この先も一緒にやっていけるのかどうかを見極める必要があります。
婚活中、LINEを送信しても相手の女性の返事がものすごくのろい場合にはどのように対応したらいいのか考えてみましょう。

ひとまず1度や2度、用事があったり忙しかったり、なんらかの事情でLINEを見極めるお忙しいこともあるでしょう。
あるいは既読になったとしても、一瞬見分ける時間はあっても、これからじわじわ落ち着いて送信しようと策する女性もいると思います。
ですから女性の返事が1度や2度遅いからといって気にすることはありません。
逆にその1度や2度でヤキモキして、相手の女性にその態度がわかってしまうと嫌がられてしまう。
それほどせかさないように注意しましょう。

毎回返事が鈍い場合、それはそんな女性ですと、思い切って相手のペースに合わせると楽になると思います。
LINE、メールなどをまめにやる女性でないとか、尚更いうと苦手という女性もいると思います。
そういった女性に返事をせかしてしまうと、「この人は合わない」とか「私の事情を何も考えてくれない」と一方的に印象が悪くなってしまいます。
心から持ち堪えて、まずは相手の女性のペースによって、ゆっくりとLINEのやりとりを通じて会う約束をこぎつけましょう。

しかし婚活中は、脈のないかもしれない女性に長く時間をかけていられないという人もいると思います。
速く結婚望むとか、結婚適齢期の関係でほとんど悠然としていられないなど、婚活をしているは結婚望む人なのですから、それほどゆっくりとしてはいられません。
そんな場合、イチかバチか勝負にでることもできます。
敢然と脈があるのか何とか見つけるためにも思い切ってこちらから連絡をして見るのです。
2日くらい待っても女性の返事がなければ、男性側からLINEを通じてみましょう。
そのときに内面を素直に伝えてみるといいと思います。
「好き」「気になっている」など素直な思いを伝えられて嫌な気持ちになる人はいません。
しかし断じて長文にしすぎてしまうと、ひかれてしまうので、伝えたい気持ちを整理してから贈るようにしましょう。
そして送信する前にとにかく一度自分で読み返してみましょう。
うるさくないか、長文すぎないか、ひどいと思われない文章かどうかチェックして下さい。

それでも女性の返事が鈍いとか、反応が酷いようであれば、いよいよその女性は脈がないのかもしれません。
中には急に仕事が忙しくなってしまったとか、自分の周りで急激に何かが起きて、婚活どころでなくなってしまった場合もあるかもしれません。
素直に気持ちを伝えて、それでもダメな場合には、次の相手との婚活をがんばった方がいいかもしれません。引用