手書きの暑中見舞い

今年から社会に出て毎日仕事をがんばっておる新入社員のみなさん、梅雨の時期に入りましたがいかがお過ごしですか?緊張の連続で、体調を乱したりしていませんか?梅雨時期は疲れが出てくる頃だ。暑かったり涼しかったりして気温の変化も凄いので、正しい生活を心がけて体調管理をしっかりして下さいね。あわただしいと何となく食事がおろそかになってしまいがちだ。忙しくて毎日時間がなく大変という人は、一年中のうち1食でもいいので、栄養バランスのいい和食などの食事を取り入れて下さい。望めることから少しずつ気をつけてみて下さいね。

職場の対人関係はいかがですか?みなさんには上司がいると思います。上司とかしこくコミュニケーションはとれていますか?毎日仕事を教えてもらうからこそ、気持ちのよろしい関係でいたいですね。相応しい間柄だと仕事もスムーズに繰り広げることができると思います。こういう梅雨時期に、みなさんに是非おすすめしたいことがあります。それは上司に暑中見舞いをもたらすことです。毎日顔を合わせていらっしゃる上司に、感謝の思いをこめて暑中見舞いを送ってみませんか?新人から暑中見舞いが送られてきたら甚だ嬉しいと思います。このことがきっかけで、上司と会話がはずむようになるかもしれません。お互いの緊張がほぐれて、それが仕事に良い影響を与えていただけるかもしれません。この夏はおもいきって上司に暑中見舞いを出してみましょう。

葉書の作成はパソコンだという人ばかりでしょう。そんな中、わざと手書きで暑中見舞いを作成してみてはいかがでしょうか?字に自信のある人は全部手書きでもかまいません。さほど字に自信がない人も「暑中お見舞い申し上げます」の言葉や、コメントを添える時などだけでも、手書きで書くといいと思います。「暑中お見舞い申し上げます」は筆ペンを使うといいですね。一旦自分の字で書くということが大事だと思います。印刷された字よりも手書きの方が気持ちを秘められるというからです。暑中見舞いは梅雨明けの暑くなる時期に醸し出しはじめるのでちょい時間はあります。筆ペンの練習を通じて、是非手書きで暑中見舞いを作成して下さい。絶対に喜んで貰える。参照サイト

上高地

雄大な自然に囲まれている「上高地」。
夏になると多くの乗客が我が国からやってきます。
ベストシーズンには観光バスが50台以上現れることもあります。
リゾートとして昔から人気のエリアで、夏でも気持ち良いことはもちろん、雄大な山々、川、池、川にかかる橋、どれもすべてが素晴らしく写真になるそんな景色が広がってある。
空気もおいしくて、はからずも深呼吸をしてしまう、今も昔も多くの乗客を魅了やる国内有数のリゾートだ。

上高地の気温は、真夏も20度以上になることは少ないです。
真夏の昼間でも木陰に入っただけでいやに気温が下がります。
朝晩は10度以下に繋がる日もあるため、夏に旅行するとしても長袖の上着を持って行った方がいいと思います。
6月、7月は、気温が未だにちっちゃいのですが日差しはかなり強くなります。
昼間の体感温度はその日の天気によって全く違ってきます。
長袖シャツに軽めの防寒着を1枚持ち歩くといいと思います。
梅雨時折カッパも必要です。
7月、8月の梅雨後には真夏の天気となります。
上高地も日中はTシャツで、朝夕、夜用に軽めの防寒着を1枚持ち歩くといいと思います。

上高地では、春〜夏に花が咲き誇り、山々の緑とのコントラストが楽しめます。
秋にはきれいな紅葉が見られます。
多くの人が旅行に訪ねる目的はこういう景色を楽しむことです。
上高地ではハイキングがおすすめです。
見どころがたくさん起こるスポットを駆け抜けながらめぐるのです。

一番の人気は「大正池」だ。
噴火によってできた神秘的な池だ。
湖面に枯れ木が浮かぶ幻想的様子、バックには穂高連峰と、雄大な景観は上高地を代表する人気スポットとなっています。
大正池ではボートい跨ることもできます。
ボートに乗って見る山々はまた僅か異なる感じがします。

「河童橋」付近も大人気スポットだ。
午後は人が多すぎてとどまることもできずに急きょ渡り切らなければいけません。
比較的空いている午前中にいくことをおすすめします。
上高地と言えば、河童橋というイメージも著しい、雑誌の写真などでもよく見かける場所だ。

河童橋付近には、ホテルやロッジ、レストランなどもあります。
ホテルの売店では、お弁当やおやき、天婦羅なども売っています。
氷水にペットボトルのドリンクやトマトなども冷やして売っています。
夏場は水分補給をこまめにください。

上高地ではハイキングをしながら、山や空、川、橋などの景観を撮影したり、植物、動物などを撮影したりして楽しむことができます。
また散策の疲れを癒してくれる「温泉」もあります。
釜トンネルの近くにある一軒宿の「中の湯温泉」。
源泉かけ流しの天然温泉で、内風呂と露天風呂があります。
日帰り入浴もできます。
渓谷沿いに居残る一軒宿の「坂巻温泉」。
谷あいにおける静かな温泉宿だ。参照サイト

赤ちゃんの便秘

ウンチが出なかったり、離乳食が始まっても水っぽいウンチが貫くとそれだけで心配なママも多いでしょう。赤ちゃんの機嫌がよければ便秘や下痢は心配ありませんが、気になるようであれば、務めの見直しが必要かもしれません。
赤ちゃんの便秘は、大人同様、赤ちゃんのウンチの回数や固さにも個人差があります。2.3日でなくても平気な子もいれば、機嫌が悪くなる子もいらっしゃる。便秘の原因と対処について知っておくといいですよね。
では便秘って何のことでしょう?
便が硬くなって3~5日以上も出ないとき、また、出ていても固いウンチの事を一般的に便秘といっていらっしゃる。
便秘の原因としては、大人同様さまざまですが、主に、次の原因が考えられます。
・成長とともに便の量が鎮まる
消化吸収能力が発達するため、便の量が鎮まる場合があります。
・離乳食のスタート
離乳食が始まると、便が硬くなり、いきむ力が足りないと便秘になることがあります。
・野菜不足
野菜の繊維の摂取が不足すると出にくくなります。
・厚着のさせすぎ
意外に思うかもしれませんが、衣服にも影響します。厚着をさせすぎると、赤ちゃんのからだの動きが鈍くなり、いきみに必要なお腹の力の発達を妨げることになります。
便秘の虎の巻についてご紹介していきましょう。
便秘の虎の巻も大人ときっと同様に考えて大丈夫です。
・水分を十分に加えましょう
赤ちゃんには果汁や砂糖水が良いでしょう。
・体を動かしてあげよう
ねんねの赤ちゃんはママが手厚くお腹を時計の針の方向で円を描くようにマッサージを通してあげたり、仰向けに寝かせて、あんよを伸び縮みさせるなどしてあげましょう。
・薄着として赤ちゃんの動きを妨げないようにしましょう
赤ちゃんはがんらい汗かきなので、大人よりも「衣服は1枚少なめ」がちょうどいいと言われています。
・3,4日立っても出ない時は、浣腸を通してあげましょう。
出ないままにしておくと、腸で水分が吸収され、ウンチは益々ごつく出にくくなる。浣腸によって排便が促されるとき「いきむ」ことを覚えていきます。
便秘は押しなべて心配はいりませんが、まれに、心配な便秘もあります。5日以内の便秘で赤ちゃんの機嫌が良ければ心配はありませんが、「ウンチがコロコロ固い」「ごつくて血が混じっている」などウンチの状態がいつもと違うとき、また、ウンチをするときに痛がって涙するときや何度も吐く、食欲がない、お腹が張って苦しそうなときは小児科を受診しましょう。http://www.yado-koriyama.com/

暑中見舞いの最初の言葉

もう梅雨の時期ですね。今年もまたじとじとした梅雨がやってきます。雨が貫くと気持ちもどんよりしがちですね。湿気も多いので、梅雨の時期に体調を崩す人も時々いるようです。天気が悪いと肩こりが重いとか、頭が痛いとか、そういう話をする友人が私のまわりにも何人かいます。うそのようですがこれは真実で、湿度や気圧の変化によって自律神経が壊れがちになることが原因のようです。今年新入社員としてがんばっていらっしゃる新人のみなさんも、これから疲れがたまって来る時期だ。頑張りすぎないように、なかには肩の力を上手に抜いて、これからの梅雨時期の体調不良には再三気をつけて下さいね。

そういった梅雨時期の間に、是非用意して望むなと思うものがあります。それは上司に鳴らす暑中見舞いだ。梅雨が明けたら暑い夏がやってきます。暑さでまた体には凄い時期になります。そういう梅雨明けの暑い時期に打ち出す暑中見舞いを日頃お世話になっている上司に出してみましょう。新人からやってくる暑中見舞いはとても嬉しいものだと思います。暑中見舞いを示す人自体が減っている現代ですので、そんな中暑中見舞いを出したら、あなたの印象はとてもよくなるでしょう。出して損はないと思いますので是非検討して下さい。

葉書の文面の最初の言葉は大体の人は知っているでしょうが、随分暑中見舞いのことを知らないという人も中にはいるかと思いますので紹介します。最初の決まり文句の挨拶として、「暑中お見舞い申し上げます」と書きます。上司に流すので「謹んで暑中お見舞い申し上げます」もいいと思います。こちらは一層丁寧な印象になります。他の文字より大きめにするといいでしょう。パソコンで作った暑中見舞いも無論いいですが、筆ペンにて手書きで書くと再び印象がよくなると思います。字に自信がない人も、これを機会に家で練習するのもいいかもしれませんね。結婚披露宴に出席する時など、やっと人前で筆ペンで字を書く機会も多くなるはずです。その時にやましい思いをしないようにするためにも、今から練習しておくのがいいでしょう。手書きで書く人は、心を込めて丁寧に書いてみて下さいね。http://www.valksani.nl/