セルフメディケーション税制

2017年に登場した「セルフメディケーション税制」は、われわれに節税について再び感じ取る、節税を実行しようと講じる機会を与えて得るものになると思います。
サラリーマン、個人事業主などに更に恩恵のある制度で、個人で節税に取り組みたい人におすすめの制度だ。
今まで、病気やケガなどになって市販薬を購入した場合、医療費控除などでしか個人で節税やる機会はありませんでした。
それが今回登場したセルフメディケーション税制では、薬局で対象の市販薬を1年間で12,000円(税込)以上購入したら、その超えた分に対して控除対象にして節税行える仕組みとなっています。
1年間で12,000円以上ということは貯まり、1ヶ月で1,000円以上の市販薬を購入すればいいのです。
風邪薬、湿布薬など1,000円以上する薬はたくさんありますから、意外に12,000円はすぐに超えると思います。
しかも本人だけではなく、生計を共にして要る親族が買った分も入れることができるため、12,000円というハードルはすぐに乗りこえられそうです。
別居やる親も扶養控除に入っておる親ならばその親の買った医薬品も対象にできます。

具体的にどれくらい節税ができるか考えてみましょう。
例えば、課税所得300万円という人が、1年間で52,000円分の市販薬を買ったと行なう。
この場合、52,000-12,000=40,000。
課税所得の金額から40,000円を減らすことができます。
課税所得が300万円の人の税率は10%なので、所得税は40,000円の10%、つまり4,000円安くなります。
もう一度住民税はあまり一律で10%OFFですから、こちらも4,000円安くなり、合計で8,000円節税することができます。

セルフメディケーション税制によるにはいくつか条件があります。
・対象となる医薬品はスイッチOTC医薬品。
風邪薬、頭痛薬、胃腸薬、目薬、湿布など全部で1,600品目が該当しています。
最近ではドラッグストアなどのレシートを見ると、セルフメディケーションの対象品の印が記載してあるところも増えてきました。

・健康保険組合などの健康診断を通していること。
・予防接種を通して要ること。
・自治体が行うがん検診などを受けていること。

正しく体のケアを通して、普段から予防対策も行って要る人に対してのみ薬代を補助決めるという制度となっています。http://www.trekkertrekeemdijk.nl/

マタニティ筋トレ・脚痩せエクササイズ

妊娠中はやはり運動不足と過食によって、太ってしまうことが多いと言われています。
しかし太り過ぎは妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクも決めるため注意しなければなりませんが、必要以上に通常のようなダイエットは逆に赤ちゃんのために良くありません。
またあまりに妊娠中はむくみが強くなり易く、足がパンパンにむくんで仕舞うというママや、夕方になると今までにないほどのむくみを感じるというママもいらっしゃる。
お腹の赤ちゃんが成長すると足の静脈まで圧迫してしまい、むくみが出てしまうということもあるのです。
そこで妊娠中であっても脚痩せは意識したいものです。
無論妊娠中の脚やせは、普通のときより注意すべきことも幾つかあります。
一層安全第一、赤ちゃん第一ということを忘れずに行うようにしましょう。
脚の筋肉が落ちると、バランスが悪くなり妊婦さんにとっては転倒のリスクが高くなります。
そこでとても安全にふくらはぎを鍛え上げるマタニティ筋トレのご紹介だ。
壁やテーブル、安定感のある椅子などに両手でつかまり、支えにしながら姿勢鋭く立ちます。
次に凄まじく息を吸い、吸った息をゆったり吐きながらつま先立ちを通して赴き、吐き下回るまでキープ。
今度はのほほんと息を吸いならが、つま先を元に戻していきます。
これをゆっくりとしたイメージで30回行いましょう。
これはふくらはぎの筋トレは、むくみ防止や転倒予防になります。
次におすすめなのは水中ウォーキングだ。
プールが近くにある場合は、プールに入りながらあるくという方法だ。
プールの中では体への負担が思い切り低く、鍛えたいところだけをよく強めることができるのでマタニティエクササイズとしても人気のプログラムだ。
水中ウォーキングは基本的に温水プールで行いますが、とにかく肩まで水に浸かるなど水の温度に慣れてからスタートします。
普通にあるくときのように、踵からプールの底に着地するように決める。
浮力に任せてつま先立ちでツンツンと歩き回りがちですが、プールの中ではきちんと着地することが大切です。
歩幅はあまり大きくしなくてもOKですが、普通のあるく程度の歩幅を確保し、慣れてきたら大きめとしていくと、いつもと違った筋肉も使うことができます。
大体20分程度行うことがベストですが、途中で多少なりとも疲れたり、お腹の張り、痛みなどが起こった時折一気にプールから上がって休憩することも大切です。
また水分補給はとても重要で、プールに入る前にコップ1杯程度の水を呑み、終わってからも1杯程度は呑むようにしましょう。http://www.skybond.co.uk/