GWの北海道旅行で気をつけること

北海道新幹線も開業し、ゴールデンウィークに北海道旅行を計画する人も多いようですが、北海道は、道北・道南・道東・道央で季節感もまったく異なるので、旅行にとって出向く服装や持ち物で悩むところだ。

4月下旬には日本列島を北上してきた桜前線が北海道に上陸し、函館のゴールデンウィークは花見客で賑わいます。
こういう桜前線の違いでわかるように、九州あたりと比べると道南の函館も1ヶ月、道東の網走であれば2ヶ月ぐらい季節がズレているとも言えます。

ゴールデンウィーク期間中は、北海道の中でも気温が高いのは札幌より南の道南地方で、道北地方や道東地方は気温も小さく、風が強いので体感温度は一層少なく感じます。
そのため、北海道旅行の際は、道南と同じ格好で道北へ行くと間違いなく寒く憶えるはずなので、対策を考えておく必要があります。

ゴールデンウィークの北海道旅行の服装としては、トップスは薄手カットソーや長袖シャツで繰り返し着をし、もしも道北や道東方面へ行って外をあるく場合や、お花見で長時間屋外における場合などは、長袖のヒートテックを中に着るようにすると良いでしょう。

ボトムスはパンツのほうが無難ですが、スカートの場合はタイツやレギンスを着用することをおすすめします。

これに、パーカーや薄手ジャケット・ジャンパーなどの上着を持参しておきましょう。
夕方からいきなり気温が下がることもよくあるので、風を通さないジャケット等があると安心です。
道東とオホーツク地域にいらっしゃる方は、コートや手袋も必携だ。

その他には、ストールや薄手のマフラーがあると、首元を暖められるので持っていると便利です。
また、日射しも強くなり始めるので、気になる方は日傘を持参することをおすすめします。

人が歩いたり、車が走る路面の雪は4月中に全く溶けていますが、4月末〜5月にかけてのゴールデンウィーク期間中に、みぞれが降ることはよくあります。

標高の厳しい峠では道路脇の雪が6月頃まで残っているほど気温が安く、5月に雪がたたきつけることも珍しくありません。
断然道北や道東は気温が上がりにくいので、ほとんどの峠で雪を目にすることができます。
車での移動をお考えの方は、運転には十分に気をつけるようにしましょう。https://peraichi.com/landing_pages/view/arishiakashiwa