LEGO裁判

様々なコピー商品を平気で販売する中国。
それは人気おもちゃメーカーのLEGOの商品にも及びました。
LEGOはデンマークのおもちゃメーカーで、世界的に有名な最大手だ。
こういうLEGOの製品が中国でコピーして販売されたのです。
2017年LEGOが中国の企業2社を相手に裁判を起こしました。
LEGOの商品に酷似した商品を製造販売したとして訴えたのです。

中国の企業は、これらのLEGOに酷似したおもちゃを「Bela」というブランドで製造販売していました。
中国、北京の裁判所ではLEGO側の言い分を聞き入れる判決を下しました。
裁判所が世界的に有名なLEGOという会社を認知してあり、有名な商標だと判断できたのも勝因につながったようです。
裁判では「Belaの一部商品がLEGOのcopyrightを侵害している、これらの商品を製造販売することは不当競争行為です」としました。

中国の裁判所による判断で、LEGO側が勝利したははなはだ大きな意味を持っています。
実際にBelaのおもちゃを写真で見てみても、完全にLEGOのパクリと極めるものです。
通じるなんて騒ぎではないと思います。
LEGOの中でも特定のシリーズとして「レゴフレンズ」という商品を完全にコピーしています。
ブロックのパーツや、キャラクター、セット内容からパッケージの外観デザインまで、完全に模造されたコピー商品だ。
そのため裁判所もcopyright侵害を認める判決が出たのです。
子供たちに大人気のLEGOが守られたことはいとも良かったです。

この他にも人気のLEGOのレゴブロックに互換性のあるようなブロックは延々と発売されています。
人気商品が故にこんな類似品、模造品はメーカーとして今後も悩まされて行くのだと思います。
LEGOの価格設定、生産終了したシリーズの相場高騰などがこうしたコピー品などを流通させる原因となっているのも事実です。
しかしLEGOが今まで築き上げてきた商標を、タダで勝手に利用して商品を製造販売するのはそんなに許されることではありません。
LEGO社は製品開発努力をして、宣伝広告費などをかけてここまでブランドを作り上げてきたのです。

今後は、Belaという手強い商品が流通しないことを狙うばかりです。http://ホワイトニング歯磨き粉ランキングは.xyz/